読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッキーナンバーにかける

6月22日(月)

 

今回は坊ちゃんも休みが取れたので、一緒に病院へ。

(前回は私1人で行ったのだが、やっぱり寂しいし心細い)

9:15に来院し、坊ちゃんはすぐ院内採取。

私は確認の超音波。

そこから2時間、待ちに待つ。

この時間帯に外出しても良いのだけれど、いつも我らは読書に励む。

そして、だいたい読み飽きて眠くなったころに呼ばれる。

AIHも5回目になると慣れたもの…とは言えず、いつも怖いし、痛い。

必死に平気な顔をキープしているものの、足に力が入りまくっているので先生にはバレバレだろう。

 

その後の診察では、いつものごとく「精子は元気で量も多いですねー」と言われ、坊ちゃんが得意げな顔をする。

でも今回は「卵胞も十分大きいし、タイミング的にはバッチリです!」とも言われ、ラッキーナンバーの「5」に加え、絶対的な裏付けと自信が付いた。

 

今回5回目ともあって、「デュファストン」という薬も処方された。

さらに現実的に体外受精を視野に入れた細やかな説明も受けた。

 

こういう大事な説明を受けている際、私はいっつも上の空だ。

隣に同じ説明を受けている人間がいればなおさらである。

それなのに、真剣な顔でうなずいて聞いているのだからタチが悪い。

 

どうにか、今回のAIHで妊娠することを祈るばかりである。