読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2回目に挑む

前回の更新から2ヶ月以上空いてしまった。

この度、新年度の異動ドタバタを経て、二周期空けての2回目の胚盤胞移植を決行。

今回の移植まで、準備は万端(だと思う)。

週一のよもぎ蒸しと鍼灸

そして、毎日のウォーキング。

迎えた4月30日(土)。

計画的にお小水を溜め、順番を待つ。

ひたすら、待つ。

じっと、待つ。

けなげに、待つ。

いや、もう、待てない。

受付の方に膀胱の限界を告げると、

「今日は連休前の最後の診察日で、とても混み合っているので、あと1時間はかかります。一度トイレを済ませ、お水を沢山飲んでください」

とのこと。

聞いてよかったー。

ということで、スッキリ。

そして、持参したハーブティーをひたすら飲む。

そして、人目のつかないところでスクワット(血流を良くするため)。

すぐに先生の説明へ。

4AAの胚盤胞をアシストハッチングをしたら、5AAになったとのこと。

とても良い状態だそうだけど、前回と同じなのよね…。

個室に案内されたけど、ここからがまた長かった。

ひたすら飲んで、音をたてないようにスクワット。

努力が実り、お小水も溜まり、体も温まった。

今回の移植も、あっという間。

培養士さんの「OKでーす」の声に安堵し、30分の安静。

眠るに眠れず、伊坂幸太郎の「残り全部バケーション」を読んだ。

お会計後は、前回と同じカフェでお昼を食べ、氷川神社にお参り。

看板ねこちゃんに会えず、残念。

その後、鍼灸院へ。

とにかく眠くて、意識を刈られるくらい眠くて、ずっと爆睡。

下腹部にズキーンとした痛みがあったから、これが着床痛ではなかろうか(早すぎるかな)。

あとはもう、祈るのみ。