読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己注射開始

午後半休を取り、行ってきました診察に。

採血をし、その結果待ちの間に自己注射の講習を受ける。

グループ講習だったけど、私を含めて2名のみ。

一緒に受けたお姉さんは、きっと私より若い…と思う。

このお姉さんがちょっとおっちょこちょいの可愛い人だったので、場が和み、逆に自分は冷静に取り組めた。

練習用の生食の注射は、なんの恐怖心も、躊躇もなくできた。

針を刺すのも、生食を入れるのも痛くなかった。

私はちょうどこの日から自己注射の期間だったので、看護師さんの監視の下で一発目を打つことができた。

本番を見届けていただけるのは、非常に心強い。

が、明日から一人だと思うと心細い。

ただ、生食と違い、お薬の注射はけっこう痛い。

お薬を入れている間が痛い。針を抜いてからもちょっと痛い。

我慢できない痛みではないのが救い。

 

お姉さんは、私とはサイクルが異なり、明日から1日置きの注射になるという。

5日間毎日の私とはなんの違いがあるのだろうか。

はっ!年齢…。

 

次の日の朝、でぶまる(猫)に邪魔されないように、個室で注射の準備。

マニュアルを鬼のように確認しながら、ひとつひとつ取り組む。

やっぱり、針を刺すまでは特に問題ないけど、薬剤を入れている間がなんとも痛い。

頭に血が昇っていくのがわかる。

ちょうどお休みの日だったからいいものを、平日のドタバタした朝にもできるだろうか。