読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

採卵

採卵日までの診察は1日おきにあったので、その都度仕事を休んだ。

でも、そのお陰で、おじいちゃん猫を看取ることが出来た。

おじいちゃんは最後まで頑張っていた。

私も見習わなければならない。

おじいちゃんを送り出した次の日が採卵日だった。

不思議と恐怖心はなかった。

全身麻酔の点滴が入ってきた瞬間は、なんとも不思議な感覚だった。

処置中は普通に夢を見ていたと思う。

内容までは覚えていない。

処置の終盤に「痛い!」と叫んだことはうっすら覚えている。

気付いたら、看護師さんに支えられてベットに寝かされるところだった。

朦朧とした頭で、スマホをバックから取り出して旦那にラインをしたけど、まったく文章になってなかった。

そこからしばし寝た。

が、すぐ目が覚めてしまった。

私の次に処置を受けた人は、隣のベットで気持ち良さそうに寝ていた。