読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラウマ、尿道カテーテル

ブログを更新しないうちに、物事はどんどんと進んでおります。

採卵後に待っていたのは、子宮内ポリープの除去。

これがまた、入院2泊3日の大変なものでした。

当日はなんの不安もなく、軽いお泊り感覚で入院しましたが、夕方の前処置でまず泣いた。

なんて痛いんだラミナリア。

夜中の下剤でまた泣いた。

なんてとめどないんだろう下痢。

手術当日の朝は浣腸が待っていたし、絶食だし、何時間も待たされるし。

手術中は全身麻酔で夢の中。

麻酔から覚めてからが本当の地獄。

まず意識がある状態で抜管。

のどが擦り切れたんじゃないかと思うくらい痛い。

そして、酸素を当てられるが、これがまた邪魔。

さらに、膀胱に管が入っていて、常に膀胱MAX状態。

最大の問題は、寒い。凍え死ぬ。

痛い喉をなんとか奮い立たせ「寒いです」と告げる。

病室についてもずっと震えがとまらない。

坊ちゃんに靴下はかせてもらう。

左手の甲に点滴が入っているので、やすやすと動けない。

明日の朝まで絶食なので、もはや寝るしかない。

が、夜は暑い。

せっかくはかせてもらった靴下も足で脱いだ。

定期的に看護師さんが様子を見に来てくださるが、いつも唐突なので驚く。

ゲリラ回診。

こんなに朝が来るのを待ちわびた夜はない。

ようやく朝が来て、おしっこ管を抜いてもらう。

なんという解放感。

「2~3時間はもよおさないと思うよ」と言われたけど、30秒後くらいにシャーと出た。

あとは早く退院できるようにリハビリ、リハビリ。

そして夕方になってやっと先生が診察に来て、OKが出た。

風のように準備を済ませ、いざ退院。

当初は退院して、そのまま出勤しようとしたけれど、それは体力を過信していた。

結局は次の日もお休みした。

もうこりごりな入院記録。