読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胚移植後の日々(ET0~ET7)

胚移植当日をET0と数えるらしい。

以下、ET7までの体調の変化。

 

ET1(1月10日)

 体調に変化なし。

 午前中に日赤までお散歩をして、レストランで煮魚定食を食べた。

 汚い話だが、日赤までお散歩すると、日赤のトイレで必ずお通じが出る。

 15時に鍼灸院へ。

 院長先生の閻魔帳には、私は「ホラー好き」と書かれているらしく、

 毎回おすすめのホラー映画を聞かれるが、

 この時期にホラー映画はあんまり見ないしやってない。

【体温】36.79℃

【歩数】10,322歩

 

ET2(1月11日)

 体調に変化なし。

 相変わらずの快便。

 そして頻尿。

【体温】36.97℃

【歩数】7,923歩

 

ET3(1月12日)

 体調に変化なし。

 連休明けの仕事は辛い。

【体温】36.83℃

【歩数】8,532歩

 

ET4(1月13日)

 体調に変化なし。

 しいて言うならば、食欲旺盛。

 上司と湯島まで出張。

 仕事終わりに湯島天神根津神社にお参り。

【体温】36.84℃

【歩数】13,677歩

 

ET5(1月14日)

 仕事中に頭をぐんっと後ろに持ってかれれるような眩暈に襲われた。

 こわい。なんだったのだろう。

【体温】36.68℃

【歩数】7,068歩

 

ET6(1月15日)

 昨日の眩暈のこともあるから、今日は大事を取ってお休みする。

 軽い眩暈が続く(寝過ぎのせいかも?)。

【体温】36.75℃

【歩数】8,124歩

 

ET7(1月16日)

 なんだか下腹部痛。

 軽い生理痛のような。

「これはもしや着床痛?」と先走って、妊婦雑誌を買ってしまった。

 23日の判定日に妊娠判定が出たら、読もう!

【体温】37.15℃

【歩数】7,065歩

 

明らかにET5からの体調変化が著しい。

ET8以降は、フライングの日々が始まる。