陣痛から分娩、退院まで

出産前から先輩ママたちから話はいろいろと聞いていたが、みんな軒並みのスーパー安産経験者だったため、陣痛に関しての予備知識が少なかったと思う。

実際経験した陣痛は、とんでもない。

間違いなく、生きてきた中で一番痛い。

受け堪える姿勢によっては、痛みがお腹に来たり、腰に来たり、両方に来たりと変化する。

お腹に来る痛みは、生理痛と下痢の痛みのマックス。その、さらに上。

腰に来る痛みは、万力で腰を締められた上、ハンマーで殴られてる感じ。

両方に来る痛みは、まさに地獄。

その陣痛のさらに上を行くのが、いきみ逃し。

いきみたいのに、いきんじゃダメだなんて、殺生な。

もうナースコールを連打するしかない。

もう我慢できなくていきんじゃってたけど「それでいいの、上手上手」なんて言われ、なにがなんだかわからなくなる。

おしっこを頻繁にするように促されるが、おしっこをすると腰の痛みでトイレから立てなくなり、毎回トイレから救出される。

ようやく子宮口も全開になり、いきみ許可が出るも、ついさっきまであった怒涛の陣痛が不思議となくなる。

曖昧な痛みと共に、思いっきりいきむ。

まったく痛くないので、いたって冷静でいられる。

むしろ、ちょっと眠い。

何度かいきんだところで、頭が出てきて、それからはあっという間。

股に温かい感触があり、元気な泣き声と共に、赤ちゃんが誕生。

すぐにカンガルーケアでお腹の上に。

想像以上に大きい。お顔は4Dエコーで見ていたまんま。

可愛い声で元気に泣く。

感動に浸りたいけど、後産あり、会陰切開の縫合ありで、その痛みで現実に戻される。

この日は出産ラッシュで、ゆっくりする間もなく部屋の移動。

入院中は、個室を選択。

入院費は高く付くけど、個室にして本当に良かったと思う。

なんせ、会陰切開の傷が痛くて、寝返りすら出来ない。

そんな中、投入される赤子(母子同室)。

瀕死状態の母親に今後のヘビースケジュールを説明する助産師さんが鬼に見える。

まさに育児は休みなし。

赤ちゃんの世話はもとより、自分の体の世話すら出来ない。

便秘になるし、悪露で貧血、そして寝不足。

もとの体に本当に戻るのか、不安でしょうがない。

そんな中、赤ちゃんの黄疸の数値が悪く、GCUに入院。

不安で泣く。一人は寂しい。

2日後に無事戻って来たけど、それはそれで大慌て。

GCUで哺乳瓶に慣れたのか、直母を飲まない。

退院まで続く直母練習。

この直母問題が退院後も頭を悩ませることになる。

退院前日、切開部分の抜糸をしたら、嘘のように痛みがなくなる。

それにより排便も可能に(これが嬉しかった)。

こうやって怒涛の入院生活が過ぎていく。

この半年を振り返る

時の流れは早いこと。

前回の更新から、もう半年も経ってしまった。

あっという間の半年。

ぎゅっと詰まった半年。

結論から言うと、1月半ばに娘を出産した。

「男かな?」という前回の記事を読み返して、なんじゃこりゃ。

性別が確定したのはその後。

20週過ぎに4Dエコーを実施している別院で診察を受けた際、「100%女の子」と断言された。

が、もうその時点で、男の子色の肌着や洋服を集め始めていたので、生まれた娘はそれをたまに着せられていて不憫である。

 

母子手帳を見ながら、順に記していこう。

 

★妊娠20週~23週

食欲旺盛。体重もぐんぐん増える(+8㎏)。

食後に胃もたれのような気持ち悪さが出てきた。

特に夜、寝付くころ。深呼吸すると楽になる。

 

★妊娠24~27週

体重の増加止まらず(+10㎏)。

空腹時に無理をすると、めまいや吐き気に襲われる。

食後の胃もたれ、頻尿は相変わらず。

胎動を感じる時間、回数が多くなった。

 

★妊娠28週~31週

体重はさらに増え続ける(+14㎏)。

食後の逆流感、胃痛が激しくなる。

ウォーキングを心掛けているが、突然貧血のような症状に襲われるのが怖い。

仰向けに寝るのが苦しくなってきた。

 

★妊娠32~35週

12月3日から産休に入ったことから、精神的に余裕が生まれた。

早寝早起きを心掛けて、散歩を始める。

 

★妊娠36週~38週

運動しようにも、子宮のズキンという痛みにおびえて遠出できず。

よくお腹が張る。

先輩ママたちと会い、分娩&子育ての予習をする。

私の友達はみんなスーパー安産だったので、あやかりたい。

(その期待は後に裏切られる)

 

★妊娠39週

前駆陣痛が始まる。

息を長く吐く呼吸法で痛みを逃がして対応。

痛みが5分感覚になったところで、陣痛タクシーで病院へ。

が、結果前駆陣痛だったため帰される(それが2回続いた)。

3回目の駆け込みで、ようやく入院が許可された。

陣痛開始から26時間53分後に出産!

陣痛なめてた!

 

文字にすると、なんともあっさりしている(特に39週)。

実際は、正直しんどかった。

出産に関しては、もっと詳細に残しておこうと思う。

性別、うっすら判明?

夏休みが明けてこの2週間、体調も安定し、仕事も楽しくなってきた。

ここ数日は棚卸作業で、屈んだり伸びたり、歩いたり休んだり、

なんだかんだで歩数も1万歩を超えていた。

この体調が臨月まで続いてほしいものだ。

 

昨日は助産師外来の日だった。

助産師さんのお話では赤ちゃんの大きさも心拍も問題なしとのこと。

「問題なしだと、医師の診察は必要ないけど、どうします?」

と聞かれたので「胎動のことも気になるので、是非お願いします!」と

診察していただくことに。

 

3週間ぶりにエコーで見る赤ちゃんは、うにうに動いていて、

見るからに元気で安心した。

「性別はわかりますか?」と聞くと、

「ちょっと待って、見てみるねー」と先生。

「確定はできないけど、この感じだと男の子かな」とのこと。

実は先日会った友達の子供に「赤ちゃんは男の子だよ!」と断言されていたこともあり、気持ちは男の子モードになっていたので驚きはなかった。

ただ、この老体で男の子を育てられるのか心配はある。

先日が先代猫「ぴの」の命日だったこともあり、ぴのに似た、賢くて、優しい子に育ってくれればいいなと思った。

 

これぞ安定期な日々

21週に入った頃から、胎動らしきものが感じられるようになった。

ポコポコ愛らしい。

同時期に絵本アプリを使って、読み聞かせを開始した。

赤ちゃんに届いているかは不明。

日頃から轟いている怒号の方がお馴染みになっていると思われる。

 

最近は、食欲が旺盛すぎて困る。

社食で食べたトンカツに満足できず、

次の日には結構離れたトンカツ屋まで食べに出る始末。

 

チョコを食べるのがやめられない。

チョコチップクッキーブームが終わり、今やキットカットブーム。

飲み物だけは気を使って、コーン茶を飲んでいる。

落ち着く。

 

また、寝付きがすこぶる良い。

ただし頻尿で、最低でも3回は起きる。

 

いまだに「お腹が張る」という状態がわからない。

「疲れた=お腹が張ってる」イメージでいいのだろうか。

 

お腹の毛もボウボウに生えているが、

微力ながら赤子を守ってくれる存在としてそのままにしている。

1本だけ、太くて長いのがいる。

幸運の守り神と呼んでいる。

検診時にちょっと恥ずかしい。

 

両親学級2

グループワークを中心とした両親学級に参加してきた。

仕事ではないのでそれほどの緊張感はないが、グループワークはやっぱりドキドキ。

同じグループになったご夫婦は、お2人とも明るい方々で楽しくお話が出来た。

旦那さんは保坂尚輝似のイケメンだった。

奥さんはきっと私より若く、明るくニコニコで綺麗な方だった。

つわりもぜんぜんなく、ただただ眠いとのことで、心底羨んだ。

これまでの経験上、いつもニコニコした太陽のような女の人は、つわりがないのではないかという結論に達した。

 

 

 

 

両親学級

夜眠れないのは相変わらずだが、つわり時期はようやく終焉を迎えたようである。

それと同時にお腹もポッコリと出てきた気がする。

妊娠線予防のクリームはどれも高いので、いまだにニベアで代用しているが、これではアカンのであろうか。

 

昨日は坊ちゃんと一緒に初めての両親学級に参加してきた。

産科の先生と薬剤師さんのお話だったが、最後の質疑応答での、よそのパパさんたちの参加意識の高さに驚かされた。

隣に座っていた坊ちゃんは「なにがわからないのかもわからない」といったようなマヌケな顔をしていた。

私も聞きたいことはあったのだが、思いつく質問があまりにもマヌケすぎたのでやめた。

 

早起きは三文の徳

今日は5ヶ月目の最初の戌の日。

昨日アカチャン本舗で購入した腹帯を持参し、行ってきました赤坂の日枝神社へ。

 

今回の妊娠は、以前に日枝神社で購入した「子授かりの矢」のおかげでもあると思っているので、そのお礼方々。

また、矢様は幾度となくぽのまる襲撃の被害に合っているので、その謝罪方々。

 

大安ではないけれど、8月8日の末広がりの日なので、絶対に混雑するだろうと、朝イチで馳せ参じましたが、我が夫婦と外国にお住まいの娘さんの代理でいらしていたお母様の二組だけ。

貸し切り気分で祈祷していただき、とてもありがたかった。

そのお母様から「水天宮は朝の6時から行列でしたわよ」とお伺いし、ここに来て良かったと心底思った。

 

祈祷が終わったのは、9時半頃。

まだ涼しい時間帯なので移動しやすい。

午前中から活発的に活動すると、ほれみたことかと夜につわりがやってくる。

夜つわりもいい加減卒業したい。